仮設工事

指定仮設と任意仮設

仮設には契約で、工種、数量、施工法、配置、材質などが規定される指定仮設と、施工業者の自主性にゆだねられる任意仮設があります。
特に重要なものについては、指定仮設として本工事と同等に扱われ、施工条件に大幅な変更が生じた場合は設計変更の対象となります。

 

任意仮設は、発注者からの指定及び規制がなく、請負者の責任と技術力と考えで本工事を安全かつ円滑に施工できるように立案しなければいけません。
施工条件に大幅な変更がない限り、設計変更の対象とはなりません。

 

指定仮設
契約で工種、数量、施工方法、配値などが規定されている仮設
任意仮設
契約書、設計図書に特別な定めがない仮設

 





指定仮設と任意仮設関連ページ

仮設計画
仮設工事を立案する際には、当初の設置費だけではなく、仮設物の運搬、設置、運用、メンテナンス、撤去等に要する費用など、全ての面で総合的に考える必要があります。
仮囲い
仮囲いは工事場所と外部との境界を遮断するもので、第三者への危険防止、盗難対策、外部への物の飛散などを防止する役割を持っています。
仮設における土留工法

建築基準法 建築設備技術者支援サイト 建築設備の資料館 受水槽容量算定 融雪設備トピックス