仮設計画

仮設計画

仮設計画には、仮設の種類、数量及び配置の計画から維持管理、撤去ならびに最終的な後片付けまでの計画が含まれます。
したがって、仮設工事を立案する際には、当初の設置費だけではなく、仮設物の運搬、設置、運用、メンテナンス、撤去等に要する費用など、全ての面で総合的に考える必要があります。

 

また、仮設は永久築造物ではないので、工事完成後に原則的に撤去されるものなので、本工事を能率的、安全に施工するため工事規模に対して、過大あるいは過小にならないように十分検討し、必要で無駄のない合理的なものにしなければいけません。

撤去されるものとはいえ非常に大切なもので、その計画に良否が本工事の死命を制するといっても過言ではありません。

 





仮設計画関連ページ

指定仮設と任意仮設
仮設には契約で、工種、数量、施工法、配置、材質などが規定される指定仮設と、施工業者の自主性にゆだねられる任意仮設があります。
仮囲い
仮囲いは工事場所と外部との境界を遮断するもので、第三者への危険防止、盗難対策、外部への物の飛散などを防止する役割を持っています。
仮設における土留工法

建築基準法 建築設備技術者支援サイト 建築設備の資料館 受水槽容量算定 融雪設備トピックス