内装制限の目的

内装制限の目的

建築物の用途や規模などに合わせて使われる内装材を制限することを内装制限といいます。
この内装制限の目的は、天井、壁などを不燃化することによって、火災時に内装材への着火を遅らせ、フラッシュオーバーを抑制し避難の時間を長くする事です。
仕上げの仕様については、従来の難燃材、準不燃材に加えて、これらの仕上げに準ずるものとして『国土交通大臣が定める方法により国土交通大臣が定める材料の組み合わせによってしたもの』が追加されています。

 

不燃材料
  鉄・コンクリート・ガラス・モルタルなど。
準不燃材料
  木毛セメント板・石膏ボードなど、不燃材料に準ずる防火性能をもつもの。
難燃材料
  難燃合板・難燃木材・難燃プラスチック板など、火災初期に燃えにくく、有害なガスを発生しないもの。

 





内装制限の目的関連ページ

区域内の防火措置

建築基準法 建築設備技術者支援サイト 建築設備の資料館 受水槽容量算定 融雪設備トピックス