レベル測量

レベル測量

レベル測量とは水準測量ともいいます。測量方法は、レベルを用いてその視線により水平面を作りスタッフ(標尺)で各測点と水平面の高低差を比較し、各測点の高さを測量します。

 

水準測量の出発点となる基準点はベンチマークと呼ばれ、BM と略されることが多いです。またレベルを設置し、ベンチマーク側のスタッフを視準することを前視、測量対象側のスタッフを視準することを後視と呼ばれています。

測量のポイント
スタッフはレベルとスタッフと自分が一直線上に来るようにし、鉛直に立てます。次にスタッフをレベルに向かって接地点を中心に前後にゆっくりと振り、最も値の小さくなるところが鉛直状態といえますのでその値を読み取ります。

 





レベル測量関連ページ

トラーバス測量
トラーバス測量とは、トラーバスの各鱗辺間の角度と各辺の長さを測定することをいい、別名多角測量ともいわれます。
平板測量
平板測量とは、平板を用いて、距離や角度などを作図しながら面積を測量します。平板測量の中には、放射法、交会法、進速法があります。
トランシット測量
トランシット測量とは、角度測量ともいわれます。トランシットには、望遠鏡と目盛盤があり、水平角と鉛直角を精密に測定します。
測量の分類

建築基準法 建築設備技術者支援サイト 建築設備の資料館 受水槽容量算定 融雪設備トピックス