浸透探傷試験(PT)

浸透探傷試験(PT)

浸透探傷試験(PT)は、材料の非破壊検査法の一種で、材料表面に開口した傷(クラック)を探し出すことができます。

 

一般的な試験方法は、染色浸透探傷法(カラーチェック)といわれる簡単な方法で、被検査材料の表面を清浄にして乾燥させた後に検査用の赤色浸透液を塗布してクラックに染みこませます。
乾燥後、いったん浸透液を拭き取り白色の現像液を吹き付けます。これによりクラック内にしみこんでいた赤色浸透液がにじみ出ることによって欠陥を見つける方法です。

 

この他に、蛍光浸透液を使用する蛍光浸透探傷試験があります。

 





浸透探傷試験(PT)関連ページ

超音波探傷試験
超音波探傷試験は非破壊検査の一種で、溶接部分に探触子を当てて探触子から発信されるパルス発信器から発生した超音波パルスの状態をブラウン管上に描かせます。このブラウン管上に描かれたエコーの高さ、位置等によって溶接部の欠陥を発見します。

建築基準法 建築設備技術者支援サイト 建築設備の資料館 受水槽容量算定 融雪設備トピックス