地盤調査

標準貫入試験

標準貫入試験は、原位置における土の硬軟、締まり具合、土層の構成を判定するためのN値を求めます。
N値は、重さ63.5±0.5kgのドライブハンマーを76±1cm自由落下させ標準貫入試験用サンプラーを30cm打ち込むのに要する打撃回数を求める試験方法です。

 

標準貫入試験の注意事項
・試験孔は原則として、直径6.5〜15cmとする。
・ドライブハンマーの打撃により原則15cmの予備うち、30cmの本打ちを行う。
・本打ちの打撃数は、特に必要のない限り50回を限度とし、その時の累計貫入量を測定する。
・ボーリング孔が鉛直でないとN値が大きく出る。

 





標準貫入試験関連ページ

砂質土の特性
透水性が大きいために砂質土に圧縮力が加わった場合には水の影響はほとんどなく、砂質土は直ちに圧縮します。

建築基準法 建築設備技術者支援サイト 建築設備の資料館 受水槽容量算定 融雪設備トピックス