不定形シーリング材

不定形シーリング材

不定形シーリング材とは、施工時に粘着性のあるペースト状のシーリング材で、目地に充填後に硬貨しゴム状になるものをいいます。
一般的にシーリングといえば不定形シーリング材のことをいいます。

 

◇不定形シーリング材に要求される事項
1. 水密性、気密性を確保できる事
2. 長期で性能が維持される事
3. 伸縮により破断しない事

 

◇不定形シーリング材の主な用途
・シリコーン系 ⇒ 窓ガラス周り
・変成シリコーン系 ⇒ 外壁周り
・ポリサルファイド系 ⇒ 石目地、外壁周り
・ポリウレタン系 ⇒ 塗装を必要とする部位
・アクリル系 ⇒ ALCパネル

 





不定形シーリング材関連ページ

プライマー

建築基準法 建築設備技術者支援サイト 建築設備の資料館 受水槽容量算定 融雪設備トピックス